メンテナンスの重要性
定期的なメンテナンスで使い続ける方がお得!
日本では、マンション等には、電気工事関係だと定期的に定期点検がありますが、サッシの場合は、定期点検がありません。
新築から2年を経過したマンションの定期点検にサッシは、入っていません。
壊れて、はじめて修理を依頼することが多いのです。定期的なメンテナンスをすることはあまりありませんでした。

「明榮メンテナンス」はビルやマンションのサッシメンテナンス(定期点検)を行っています。

マンションの管理会社様なら、一年契約で一回定期点検させてもらうことが出来れば、ボロボロになってから行うより資産価値維持、経費節減に役に立ちます。

定期点検を1年に1回~2回行う事で不調部分を見つけ、その場で調整を行い、部品交換で修理が不可能となれば、新しいものに取り換えることもご提案出来ます。

一般的にサッシ・ドアというのは、新築時に付いている物を相当動きが悪くなるまで、何もいじらずにそのまま使ってしまいます。毎日少しずつ動かなくなっていくので、ちょと動きが悪くても、「動きが重いな」と思うくらいで、ずっと使ってしまいます。

本当は、そこで少し手を加えてあげれば、新築と同じ状態を保つことが出来るのです。
つまり住居の資産価値が上がるのです。

結論を申しますと、定期的にメンテナンスして使い続ける事が、一番経費削減になり、資産価値が維持できるのです。
Point
壊れてから修理、交換となると、料金が高くなる傾向にある!
常に点検、メンテナンスしておいた方が、結果的には安くつく!
定期メンテナンスの方が、資産価値が維持されて、経費削減に繋がる!
交換の場合、部品調達などで、すぐに対応できない場合がある!
使い手の事を考えて常にベストな状態で使用できる!
放置しておくと修理不可能な状態になり、高額な修理、買い替えに繋がる
サッシの交換・修理費用が定期的なメンテナンスより高くなる理由
サッシの修理には、「カバー工法」と呼ばれる工法が用いられるのが一般的です。
この工法は、既存のサッシの枠を残し施工を行うもので、修理の必要なパーツを状況に応じて取り換えたりしていきます。この工法が用いられる理由は、サッシそのものの交換は、外壁や内装などその他の箇所にまで施工内容が及ぶため、総じて施工費用が高くなるためです。
ただし、カバー工法を用いたサッシの修理でも使われているパーツは多種多様で、ほとんどオーダーメイドに近いパーツを用意しなければいけないケースも多く、日々のメンテナンスを行うことでパーツの消耗を遅くし、より長く使っていただける環境が出来上がります。
専門資格を持った当社スタッフが伺います
施工事例 サッシの修理・交換
ご依頼の流れ
求人募集当社で専門技術の習得を目指しませんか?
お見積り・当社へのお問い合わせ
TEL:06-6954-5753
FAX:06-6954-5757
メールでのお問い合わせはこちら
営業エリア
営業エリアマップ
相談・見積り・現地訪問無料