カーテンウォール・トップライト
大阪でサッシの修理・メンテナンス・交換 TOP > カーテンウォール・トップライト
カーテンウォールとは
カーテンウォール(curtainwall)は、建築構造上取り外し可能な壁であり、建物の自重および建物の荷重はすべて柱、梁、床、屋根等で支え、建物の荷重を直接負担しない壁をいいます。
間仕切り壁と同様の非耐力壁です。
またカーテンウォールを直訳して帳壁(ちょうへき)とも呼ばれています。

一般的な高層建築では鉄骨鉄筋コンクリート構造を採用することが多く、外壁は柱や梁と同様、荷重を支えるほか地震や風圧によって建築物にかかる力に対抗する役割を果たしていました。

しかし高層建築がさらに進んだ場合、外壁自体の重量が設計上無視できない問題として浮上するようになってきました。
また高層建築で柔構造が採用された場合、地震の際に壁面が変形しそれに伴いガラスが割れ、破片が飛び散ってしまうことも問題視されるようになりました。

それら諸問題を解決するために建築物の荷重を支える構造は柱と梁によるものとし、外壁はそれらの構造物に貼り付けるのみとする工法が開発されました。
これによって外壁重量の軽量化、建物のしなりによるゆがみの影響を極力小さくすることなどが可能となったのです。
カーテンウォールの特徴
ビル建設で培われた信頼性があります。
外壁自体は、構造体ではないので、地震の時に壁材の脱落やサッシの損壊が少ない。
結露発生を防止します。
コンクリート壁体の保護による耐久性の向上
室内空間のデザイン性の向上
室内環境の向上と省エネルギーの実現
施工事例
カーテンウォール カーテンウォール カーテンウォール カーテンウォール カーテンウォール カーテンウォール カーテンウォール カーテンウォール カーテンウォール カーテンウォール カーテンウォール カーテンウォール
トップライトとは
自然光を取り入れるために屋根面につけられた窓で、一般の窓の約3倍の採光量が確保できます。
窓が開閉するタイプ(手動式・電動式)の他、日射量を調整できるブラインドやロールスクリンがついたもの、雨が急に降った場合でも自動的に窓が閉まるタイプなどがある。

トップライトを設けるメリットは採光だけではありません。
トップライトを設けることで汚れた空気を排出、家全体に新鮮な空気を取り入れることができます。

開口部が上下にあることによって、家中に空気の流れ道ができ、換気効果が上がるというわけです。
プランニングの際には、明るさのためだけでなく換気のためにも最適な設置位置を考えるようにしましょう。
このように換気面も考えると、固定式よりも開閉式のトップライトをおすすめします。
トップライトの特徴について
施工事例
トップライト
専門資格を持った当社スタッフが伺います
施工事例 サッシの修理・交換
ご依頼の流れ
求人募集当社で専門技術の習得を目指しませんか?
お見積り・当社へのお問い合わせ
TEL:06-6954-5753
FAX:06-6954-5757
メールでのお問い合わせはこちら
営業エリア
営業エリアマップ
相談・見積り・現地訪問無料